FC2ブログ

明けましておめでとうございます

遅れましたが、去年は皆様、大変お世話になりました。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。



平成30年は、これはもう仕事として、

立ち上げの準備期間が既に終わったという知らせがありました。

自分で仕事をされている方が、苦手なお国の組織です。

そろそろ進化が頭打ちになってしまいがちです、

しかし、夢を持っている以上、前に進もうと思っている以上、

まだまだ進化はできると思います。


技術的なことに関して

年々安定してきたような気がします。

どうまとめるか、お客様は何を求めているのか?これはお客様と話してみないと分かりません。

口数が多いと思われるかもしれませんが、お客様の趣向を聞こうとしているのです、

ピアノへの要求を言ってくださいとお伝えして、しっかり答えていただける方が稀です。


また、非常に感じるのは答えなど無いということです。

僕自身、無名の40年前の国産メーカーのピアノが良いと思うこともあれば、

コンサートホールで2千万以上のピアノが、音が悪いと思うこともあります。

くたびれたピアノで、きれいな音を出すお客様もいれば、

良いピアノなのに、ピアノに不満をお持ちになるお客様もいます。


全ては、各々の主観のもとに、ピアノを感じることなので、

良いも悪いも無いのです。

僕が、どんなに手を尽くそうとも気に入らない方は気に入らなく、

あまり大したことができなかったと思っても、すごく気に入っていただけることもあります。


全ては主観です、どうせ主観なら、前向きに明るく考えたほうが得です。

私自身もそうありたいですし、そういうお客様の方が仕事がしやすいとも思います。

また、針の点のような物を探すのも仕事、

気持ちを込めて仕事をすれば、良い音色になると思うのも仕事です。

これも、どちらが正しいとは言えない気がします。


ピアノの業界について


お客様の客層を見ますと、ピアノは高級品に逆戻りしている、そう思います。

たくさんピアノはあるはずなのに、安価なデジタルピアノ、

高額な修理、海外への中古ピアノの流出などが、

国内のピアノの普及に歯止めをかけていると考えられます。

この先、調律師の仕事が先細りになるのは明白です。

アジアの裕福層が日本の中古ピアノを欲しがっているみたいです。

苦労して親の代が買ったピアノが、海を渡っているのですね。


私自身について

同業者の方とは、ほとんど会うことはありませんが、

東京に非常に興味のある技術者がいますので、今年は行ってみたいと思っています。

僕は肩書や人の意見、誰が偉い、あまり興味がありません。

逆に余計な情報入りません、迷いが命取りで、

人付き合いで自分を見失い、去って行った人を数人知っています。

料理店と一緒だと思います、この味、この雰囲気、それがお店を守るのです。

向上心が無くてはなりません、人の話も聞かなくてはなりません。

しかし、人の意見に惑わされるのが一番危険です。



肯定的に

分からないながらに、肯定的にできることを行っていく。

それが今のできることで、今年はもっと肯定的になろうと思っています。

その方が進化していくでしょう。

まだまだ捨てたものではございません。


皆様の幸多き一年となりますように。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
facebook
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
10.10.2011~
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード