ピアノの構造を音色から考えてみる 2

まず、音色の考え方についてお伝えいたします。

これは経験から、整音(ピアノの音色の調整)に基づいての考えです。

考えの正しい、間違え、また、世の中の諸先生方の意見と違う場合もありますが、

個人の調律師の意見として捉えてください。


指のエネルギーをしっかり弦に伝えた上で、

・音の幅、表現力と音の伸びは相反する

太い音、音量は横への広がり。

音の伸びは縦への長さ。

この二つに指からのエネルギーを振り分け、バランスを取ります。

ヤマハのように音が割れるピアノは、極力接点を点にするか、

柔らかい接点で音を割れなくします。

どちらとも縦方向のエネルギーに変換させる傾向があります。

よって現代のヤマハは音がやせ気味です。

カワイのようにエネルギーのロスを感じ、表現力が足りないと感じるピアノは、

同じですが、接点を極力点にするか、

ハンマーの芯をしっかり保って、脇に弾力を持たせるかで、

どちらとも縦方向のエネルギーに変換させる傾向があります。

シンメル、ザイラーのような、初めから音の伸びに振ったピアノは国産にはほとんどありません。


音の芯をいかに細くするか

音の芯が太いピアノでよい音のピアノはほとんどありません。

80年代以降のスタインウェイ、グロトリアンが男性的だと言われますが、

その限度を超えて太いのが、ヤマハ、カワイなどの国産のピアノです。


何を言っているのか?

誰でも中学生の頃、歌の練習を学校でさせられたと思います。

姿勢を正し、お腹を引き締め、声が上に上がるように、横に広がらないように。

エーではなくオーと声を出す練習をしませんでしたか?

しかし、力強いフォルテの声は、

上に抜けすぎては肝の座った強い音にはなりません。

その時声は少しだけ横に広がります。


あれです、国産のピアノはエーなんです。

グロトリアンなどは、ウイーン合唱団でなく、

テノール歌手みたいに男性的だということです。

指のエネルギーをしっかり弦に伝えた上で、

意味は、肺からの息をしっかり声に変換させて、そんな感じです。

調律師の先生が、音色の理想は薄い陶磁器のような繊細な形

と言われていましたが、まさにその通りです。

この考え方でピアノの構造を見れば、

僕が分からなかったこと、不思議に思ったことは、

少しつながってきました。

その3に続きます。








コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
facebook
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
10.10.2011~
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード