あけまして おめでとうございます

昨年はお客様、お世話になっているお取引先、先生、

皆様のおかげで無事に終えることができました、

心より感謝申し上げます、今年もよろしくお願いいたします。



昨年を振り返り、目標は一点でした。

いかに短時間で演奏時に苦痛を感じないようにするか。

不可能と思えた、短時間での針刺しを克服してきていると思います。

商売として考えると、クレームなくお客様に不安を与えず、

お金をもらってくることが理想ですが、

より良い演奏の環境、心地よい響きに変えることが、

合理的でない挑戦でした。


お客様は音を分かっています、

少なくともピアノを弾く人ならば、小さい子も分かります。


ただ、リスクを伴います。

私は何台もピアノを触っていますから、どう変化するのか、

短時間で、できることはここまで、次回はこの作業と段取りしています。

お客様は初めての体験です。

金切声のようなピアノでは、良いも悪いも分からなかったことが、

タッチとのバランス、雑音、音色のバラつき、音の止まり方などが気になってきます。

それはピアノへの要求ということで新しい世界の始まりなんですが、


今までの欠点が見えてくることで、

不安が芽生え、僕の責任ということになってっしまう場合もあります。


一般的に音色(調律でなく)を依頼したらどれだけ費用が掛かるのか、

それができる人がどれだけいるのか?

高い壁に低価格と短時間で挑戦していることをご理解いただき、

仕事はこれで終わりでなく、次回も続くことをご承知ください。

一度のやればいいのですが、調律2、3回分の費用となります。

その時点でお客様の負担が大きくなります。

それは私の本来の目標と違ってきます。



来年の目標

タッチも音色も短時間でまとめることに努力して参りましたが、

本体の音の発声から手を入れること、

木の音、鉄の音の発声の時間をずらすことができれば、

音はよりまろやかに、弾き心地も良くなると思います。

それにはピアノがどのように振動が音に変換されて、

ピアノ本体を振動が流れる順番、障害などを理解しないといけません。

これは分解しようが、考えなければ分からないことです。

調律師なのに分かっていないのか?と思われるかもしれませんが、

あまりに近代化、細分化されて私たちは考えることをやめてしまいました。

多分、非常に単純でしょうがないことです。


鉄と木の音の出る時間をずらす、

その意味さえ何年も考えて、人の意見も聞きながら到達した考えです。


まだまだ結論は程遠いですが、

鉄骨は鳴ってはいけない、そう言われてきました。

それは弦の振動を拾ってはいけないという意味で、

一度木に流れた振動を鉄骨が吸って、

もう一度木に還元しているのではないか、まるでバッテリーのように。

だから遠くで鳴って近くでうるさくないピアノは、

鉄の音が後から聞こえるのではないかと考えています。

何百回も何千回も考えるのにお金はかかりません。

今年それが分かるのか、10年後なのか、分からないのか?

何とも申し上げれません。


そして、その音色でさえ通過点で、

本来はもっとシンプルで素直でなければならなく、

次の段階も、もちろんあります。

できることから、始めて行きます。






コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
facebook
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
10.10.2011~
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード