カワイのタッチを軽くする

カワイのタッチを軽くする・・・

いつものように個人の調律師の独り言です、

違うと思われることがあっても当然だと思います。


カワイのタッチが重いと、お悩みの方は多いと思います。

しかし、実はこれがピアノの標準に近いのではないかと考えています。

なぜなら、ピアノは西洋の人たちのために作られているので、

骨太の170センチの女性、180センチの男性からしてみれば、重いとは感じないでしょう。


唯一タッチか自然に軽くできたピアノは、スタインウェイとヤマハだけ。

いろいろ理由はあると思うのですが、一つに部品の軽量化があると思います。


グランドピアノの機構
grandpiano.jpg


個人的な意見ですが、タッチはハンマーの重さを感じたい

他の重量物は感じたくない、それが理想かもしれません。

なぜならハンマーの動きをより感じるためです。

そしてフリクションはないほうが良い

カワイも一般のピアノもフリクションが大きいと思います。

だから骨太でゴリゴリしたタッチ・・・

ヤマハとスタインウエィはしっかり内部パーツを軽量化してある。

同じ鍵盤の押し下げる力でも初動の抵抗が違う。


それならカワイも少しでもパーツの軽量を図ってみようと思いました。

ウイペンヒールという、鍵盤から押し上げる力を受け止めるパーツを軽量化してみました。


右側がオリジナル、左側は縦面をえぐりました。
kawai1.jpg


kawai2.jpg


目論見どうり軽くなりました。

ハンマーの重さを余計に感じれて、

鍵盤押し下げ重量を軽くしたときの戻りの悪さも、もちろんなく、

レスポンスは鋭くなり、鍵盤重量も異常に軽くなったりもしません。

お悩みの方、ご相談ください。

最新記事
月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
facebook
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
10.10.2011~
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード