鍵盤の動作音・雑音について

鍵盤の動作音・雑音について


鍵盤の動作音がうるさい、気になるという方、

ピアノ自身に問題がある場合もありますが、お部屋の環境も大きく影響があります。


壁などから自然な音の反射と、適度な音の抜けがない場合は、

本来楽器を置く部屋には相応しくないお部屋かもしれません。

お部屋とピアノの相性が悪いとピアノを弾いて不自然を感じます。


例えば、畳の部屋・防音室などは雑音を敏感に感じる場合があります。


・畳の部屋は楽器の奏でる音が吸い取られ、目の前から出る鍵盤の雑音が気になります。


・防音室は音を漏らさない部屋、ということは金庫のように音を封じ込めます。

非常にうるさくなるので壁、天井の音の反射を無くす場合があります。

人は音の反射を頼って空間を感じることもしているので、水に浮かんでいるように不安定な感覚になり、

空間の音を感じず、目の前の音に感覚が集中します。


防音効果の高い今時のマンション・家なども、

ピアノを演奏するにはうるさすぎる場合が多いです。


そこで、対策なのですが、

以外にも参考になるものがありました。


消音機構の付いたピアノです。

ピアノの音が出ないのに、鍵盤の動作音がガタガタうるさい。

ピアノの音を出さないで演奏するという行為に対策しているのです。


一部の対策ですが、


ヤマハの消音ピアノの鍵盤押さえです。


鍵盤が戻るときのガッコッという動作音を、

鍵盤を少しだけ上から柔らかく押さえて着地をソフトにしています。

CA3E0236.jpg


応用ですが、グランドピアノの鍵盤蓋にフェルトを張り付けました。

CA3E0234.jpg


ヤマハのアップライトピアノの消音機構を持たない一部のモデルも対策しています。

これは現代の住宅環境に合わせた対策なのかもしれません。







最新記事
月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
facebook
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
10.10.2011~
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード