スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハ W101B ハンマーレール加工

今回のピアノは非常に苦労しました。

CA3E0185_convert_20131019231731.jpg

ブラケットの土台(メカニックの土台)を変更したのでどこが最適な場所か探すのに苦心しました。

結局ヤマハの寸分狂わない細かい調整のできるとこ、

タッチがコシの出るところを見つけました。


このピアノはマンションに納品なので、鳴りすぎはかえって良くないと思い棚板の調整はそのままです。

少しヤマハらしい渋さが残っていますが、音を割れずに音はまろやかになったと自負しています。


いったいレールを加工するとどう変化をするのか?

ちょうど同じピアノで加工前の動画もありましたので両方掲載させていただきます。


レール加工前



レール加工後



整音は特別なことはしていません。

明らかに芯が細く、音が割れなくなっています。

スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
facebook
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
10.10.2011~
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。