スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの構造を音色から考えてみる 6

この回の題材は、辛辣なことを書きます。

この内容は、誰のためというより、自分について問い正すつもりです。


今まで、ピアノの音色と構造について考えてきました。

しかし、それが誤解の原因であり、

何か神秘的な秘密がピアノにあり、

それを探しているような妄想に囚われている気がします。


簡単なおさらいをします。

私の触っている楽器はピアノです。

正式名称は ピアノフォルテ  弱く強く、が日本名です。

チェンバロから表現ができる楽器、ピアノエフォルテ、そしてモダンピアノになりました。

その歴史は、より表現のできる(強弱)、より大きなホールで弾ける、より広い音域の楽器

そのように進化しました。

誰でも知っている歴史の事実です。

なぜ分かりきった事実があるのに、

現在ピアノを触るときに音色が最優先されるのか?

調律師の方たちも、

私の仕上げたピアノの音色は、私のはというのでしょうか?

今まで一度も、私の仕上げたピアノの表現力は、

表現力を最優先にした調律師の方に、お会いしたこともありません。

音色が良いピアノなら、ショパンの弾いたエラール、プレイエル

リストの弾いたベーゼンドルファー

もっと言えば、本来の音がするチェンバロの方が良いです。

モダンピアノを良い音色にするという考えより、

モダンピアノなら、表現力を持たせる方が優先されるはずです。

ベートーベンが表現できるピアノを要求した、

それからピアノも音楽も表現の世界を求めてきた。


ですから、スタインウェイが音色そのものより、

表現力に最大限に舵を切った楽器と考えるのはとても自然です。

それを音色に秘密があると言って、考えをめぐらす自身間違いで、

まともな答えが出ないのは当たり前です。


より表現のできる(強弱)、より大きなホールで弾ける、より広い音域の楽器

まさしくピアノの追い求めた歴史がスタインウェイの理想なのではないでしょうか?

ですから、スタインウェイに秘密はきっとないと思います。


勘違いの大きな原因

きっと100年も前からヨーロッパの人はピアノについて、

口を酸っぱくしてピアノフォルテだから強弱が大切、表現が大切と言ってきたはずです。

それを日本人は、音を知ろうと必死で勉強してきました。

ですから、全く意思の疎通、受け取り方がズレてしまったのではないか?

タッチの調整も、音色の調整も、

もっと言えば製造の方法も必死で良い音色を作ろうと頑張ってきたのではないか?

向こうは表現のできる楽器を作っているのに、

それを説明しているのに。

この勘違いの根底には、日本人は音色に鈍感な民族と言うコンプレックスがあります。

その反面、味覚は世界でトップレベルです。

ですから、日本人は必死で追いつこうとしていたのではないか?


反面、スタインウェイは皮肉なことに、

音色を犠牲にして表現力に最大限に振ったピアノと思います。

強いて言うなら、表現力を持たせるために音色も利用した。

慣れてしまっていますが、あの不自然な音、

自然で純粋な音ではありません。


こじつけの考えでなく、同じことを調律師は行っています。

調律師が仕上げ整音をする時に、音色のことを第一に考えていません。

先ず音の粒がそれっているか、

ピアニッシモでバラつきが無いか、

フォルテで音が割れたり、弱いところが無いか。

その調整をしていたら、勝手にピアノが良い音色になっていた。

大抵はそんな感じだと思います。

しかし、それをハンマーの調整だけで賄うのは無理がある。

だから本体から整音をした、そしたら勝手に音色が良くなった。

それがスタインウェイの現実ではないのでしょうか?

だから、スタインウェイに秘密は無いと思います。


それでは、なぜ国産ピアノは世界で認められたのか?

大変苦労の歴史があったと思います。

大きな矛盾で、分かりにくく、誤解の原因ですが、

音色が良いピアノを作ろうとして、

自分たちは音色が分かっていないと思い込んで、

ピアノフォルテにも拘らず、表現力のことを二の次に考えて、

音のために必死で精度の高いピアノを作った。

そうして出来上がったピアノは、

丁寧に作ったから、タッチの揃った、表現のある程度できるピアノになった。

世間では、表現のある程度できる、音色の悪いピアノと言う評価がされていると思います。

だから、なおさら音を良くしなければならないと試行錯誤されていると思います。


しかし、音色のきれいな表現力の無いピアノは世の中で必要とされませんでした。

世の中のピアノは、大抵表現はできませんが、国産ピアノよりは音色が良いピアノが多いです。

これは皮肉でなく、スタインウェイの次に国産ピアノが評価されている理由だと思います。


ピアノが良い音色をしていても仕方がない、

良い音色を出すのは演奏者だから、

演奏者の手助けをするのがピアノだから。

そう、どなたかの調律師が言われていました。

良い音色を出すピアノを研究するより

表現力を最優先に考えたピアノを研究すれば、

勝手にいい音色のピアノに仕上がるんじゃないかと思います。


ピアノの構造を音色から考えてみる

ではなく

ピアノの構造を表現力から考えてみる

が本当でした、この記事は私自身について書いた記事です。

どうかお気を悪くされる方が無いように願っています。


スポンサーサイト

ピアノの構造を音色から考えてみる 5


音の芯を細くする弊害


対策としてのバランス

バランスを検証するには、

各メーカーがスタインウェイを真似るに当たり、

音の特性が顕著に出ているので、

それを参考にすればバランスの良さが見えてきます。



補足説明 アリコート

発音する弦の前後に振動する領域を持たせた共鳴装置

本当は共鳴装置だけでなく、音の長さと幅をコントロールする目的が主と思えます。

同じ音を鳴らすにも弦の長さで違ってきます。

音程をイメージするより、引っ張り具合を一定にしたうえでと考えてください。

弦を長くすれば、音程が変わってしまうので、節を作ったと説明できます。

短い弦を同じ力で鳴らせば強く鳴りますが、音は伸びません

い弦を同じ力で鳴らせば、弱く鳴りますが、音は伸びます

これも音に幅を持たせるか、上に伸ばすかの調整だと思います。

アリコート付ピアノは、音が伸びますが、力強さ、表現力はその分削がれます

アリコートの長さでも幅と伸びを調整できます



ヤマハ

アリコート 

放射状支柱 金属フレームと金具で連結

特別モデル 追加で サウンドベル

音が痩せています、しかし、音の芯が太い

制作技術が優れていますのでピアノのバランスは取れています。

特別モデル 

サウンドベルのせいか、音の芯が細くなります。

欠点も無くバランスは取れています、音色はいたって普通です。


カワイ

アリコート

放射状支柱 棚板直付け

ヤマハより暖かい音がします。

反面表現力が落ちます。

ボストン

さらに表現力が落ち、音も痩せます。

しかし、音が伸びます。


シゲルカワイ

だいぶ楽器としてのバランスが取れています。

不可の無い音色の良い楽器です。

それでもヤマハほどの作りの良さはありません。


ディアパソン

格子支柱 アリコートなし 一本貼り弦

現在のモデルは放射状支柱に変わりましたが、

格子状支柱で音の芯は太いですが、暖かい音

表現力は、一本張り弦で十分あります。

音は伸びません。

スタインウェイと真逆の発想でバランスを取っています



各メーカーが真似ていない物

ハンマーアッセンブリー取り付けの細いレール

音が極端に痩せますので、そのままでは改悪になります。

調整の精度の維持、制作過程で手間かかると思われます。

各メーカーは太いアルミレールのままです。




後乗せフレーム

そのままの各メーカーのピアノの鉄骨に重石をの乗せても変化があまりありません。

音の芯が太すぎて、鉄の音反応を遅らせてもほとんど分かりません

ハンマーアッセンブリー取り付けの細いレールと組み合わせて、

初めて効果が表れます。



効果大きいのは、バランスを考えること

例えば、ハンマーアッセンブリー取り付けの細いレール

これを最初に真似るべきで、他でバランスを取ることができます。

小型グランドは、アリコートを使い、放射状支柱もやめる

大型グランドは、アリコートを止めて、放射状支柱、後乗せ鉄骨を使う


暖かい音と芯の細い音でバランスが取れます。

ディアパソンで得られなかった音の芯の細さも手に入ります。


スタインウェイはどうバランスを取ったのか?

スタインウェイ小型は棚板直付の支柱です。

音の芯を細くしすぎないための対策と思えます。


鳴りきらない大型ピアノへの対策

スタインウェイの大型のピアノが、

支柱を金具で固定して点で支えているのか疑問ですが、

各メーカーの大型ピアノは反応が鈍く、ピアノが鳴り切りません

理由は簡単で、弾く人の体がピアノに合わせて大きくならないためです

スタインウェイの発想は、

鳴らない物を鳴り切るように努力をするのでなく、

逆の発想で、ピアニッシモを細くすることで表現力を持たせた。

痩せた分は後乗せ鉄骨で鉄と木の音をずらして音量を保たせたのではないか?

そう思えます。


ヤマハの中型、小型の機種はスタインウェイと同じ支柱の方式です。

音が冷たいヒステリックな音色になりがちです。

また、ヤマハ大型の機種もハンマーアッセンブリー取り付けの細いレールは採用していません

よって後乗せ鉄骨を試したのでしょうが、反応は期待できません

残念ながら、ヤマハ大型ピアノは、より鳴りを悪くしている可能性があります。


物を書くことに慣れていません、

うまく伝わっているか不安になります、

分かりずらいと思います、申し訳ありません


その6に続く







ピアノの構造を音色から考えてみる 4



音の芯を細くする

音色を良くする効果だけでなく、

ピアニッシモが容易に出せる、

ピアニッシモで音色がクリアになります。

スタインウェイの音の芯を細くするために行われていること

ハンマーの先端を尖らせる
sth2.jpg

ハンマーアッセンブリー取付レールを細くする。
frames.jpg


棚板と筬

ピアノ本体と鍵盤の土台枠も、お互いに弓反りになっているのを、押さえつけています
点で強く接点を持たせるためです。

圧着させると鳴りが深くなるので
音を太くする作用があると思っていましたが、
木の音の立ち上がりが早くなって
木と金属の音の山のタイミングがより、
ずれて音が太くなると考えています。


写真はヤマハです。

tanaita.jpg

調律師では、このくらいしか分かりませんが、

きっと製造の過程で、音の芯を細くする工夫は沢山されているはずです。


音の芯を細くする弊害

音の芯を細くすると音が痩せます

全然力強い音がしないんです。

それに対処するのが各部のバランスと、

音の芯を細く保ったまま音を太くする工夫です。

普通のピアノは音が発音してから消えるまで、一つの山です

その山で音量を出し、表現力も持たせるなら、

音の芯は太くするしかありません


よってピアニッシモで音がぼやけ、フォルテッシモで音が割れます

また、山が激しい一つのエネルギーですので、

近くでうるさく、遠くに音は飛びません


特徴的なスタインウェイの音色を考えると

音色とピアニッシモのために音の芯を細くした場合、

木の音と金属の音発声のタイミングをずらして

二つの音の山で太い音を作ります。

これは、鉄骨に重石を付けて鉄骨の振動を遅らせます

スタインウェイの七不思議、後付けフレームです。

強度に全く関係ないのに、何で後から一本フレームをネジで止めたのか?

この機構も神秘的な謎でした。

真ん中の斜めに走った短い鉄の棒です
fello2.jpg



検証

鉄骨に重石を乗せて、鉄骨の音の立ち上がりを遅くする

ハンマーのレールを細くして音の芯を細くする

この二つの作用をヤマハのスピネットピアノで試したことがあります。

音色を聴くと普通のピアノなんですが、

ヤマハのスピネットピアノ(小型アップライトピアノ)は、

音の芯が極端に太く、カンカンうるさく


い茶碗を叩くような音がします。

ヤマハの欠点、音が割れる、音が浅い

この2点は克服できたと自負しています。

スタインウェイに似ているとは全く考えていません





5に続く







ピアノの構造を音色から考えてみる 3


エネルギーを音色に変換させる時の重要な物指し。

音の伸びと音の幅のバランス

音の芯の太さ

この二つに対して、ピアノの構造からご説明させていただきます。

刷り込まれたサガで、頭にスタインウェイがいつもあります。

どうしてあんな構造なんだろう?

色々なメーカーが真似をしているのになぜ音色が似ないんだろう?

多分多くのメーカーはスタインウェイを見習い、

時には分解したり、寸法、設計、材質、部品メーカーなどを採用したり、

世の中はスタインウェイ一色です。

最近僕はそうでもなくなっていますが。

下の写真はスタインウェイ方式のピアノの裏側の柱です、写真はヤマハです。

不思議です、強度的には落ちます

また、何で柱を点に集中させないといけないのか

また、集中させる場所が鍵盤の根元、響板の始まりなのか

僕は理由が全く分かりませんでした。


c2giu.jpg


響板の中心に柱の中心を持ってこれば強度は増す
yamahaux.jpg

スタインウェイ方式は強度的に優れているから、
柱の中心を響板からずらしている訳ではありません


また、強度的には点にするより格子型など、広く支える方が有利です。

この時思い浮かんだ理由は、音の芯の太さです。

音の芯を細くするために点で結合して、ピアノの中心を決めた

また、ピアノの中心がなぜ、響版の根元、鍵盤の奥なのか?

それは人間の感覚で決めていると思います。

グランドピアノを前にしたとき、ピアノの中心を自然に感じます。

大きなグランドの響板の中心ははるか遠くに見えます。

しかし、奏者から見えるピアノの中心は響版の根元

それにピアノの音の中心を聞いて感じてみると、

スタインウェイはちょうど重なります。

上の一枚目のヤマハのグランドの柱、

響板の中心近くに、もう一本下に伸びてる柱がありますね。

これのおかげでヤマハは音の芯が太くなっているように思えます。

下の拡大した写真は、有名なスタインウェイのサウンドベルです。

写真の左手前の金色の金具です、高音側の鉄骨を支えています。

これ自身が魔法のような神秘的な構造と語られています。

しかし、ピアノの中心を一点で細くするために、

支えきれない高音側の強度を、ピアノの側面で支えさせた

ヤマハは最初の写真のように、高音側に柱を増設させた。


stgiu.jpg

また、2枚目の写真はヤマハアップライトUXですが、

調律は狂いにくいのですが、音がカンカンうるさい。

理由は人間の感じるピアノの中心と、

響板の中心が、人間の感覚的にズレて音の芯が二つ出来てしまっていないか

そう考えさせます。

人間の本能で感じる、空間の察知、物質の材質、強度、中心などの本能で感じる感覚

それをスタインウェイは忠実に設計されているように思えてなりません。

4に続く






ピアノの構造を音色から考えてみる 2

まず、音色の考え方についてお伝えいたします。

これは経験から、整音(ピアノの音色の調整)に基づいての考えです。

考えの正しい、間違え、また、世の中の諸先生方の意見と違う場合もありますが、

個人の調律師の意見として捉えてください。


指のエネルギーをしっかり弦に伝えた上で、

・音の幅、表現力と音の伸びは相反する

太い音、音量は横への広がり。

音の伸びは縦への長さ。

この二つに指からのエネルギーを振り分け、バランスを取ります。

ヤマハのように音が割れるピアノは、極力接点を点にするか、

柔らかい接点で音を割れなくします。

どちらとも縦方向のエネルギーに変換させる傾向があります。

よって現代のヤマハは音がやせ気味です。

カワイのようにエネルギーのロスを感じ、表現力が足りないと感じるピアノは、

同じですが、接点を極力点にするか、

ハンマーの芯をしっかり保って、脇に弾力を持たせるかで、

どちらとも縦方向のエネルギーに変換させる傾向があります。

シンメル、ザイラーのような、初めから音の伸びに振ったピアノは国産にはほとんどありません。


音の芯をいかに細くするか

音の芯が太いピアノでよい音のピアノはほとんどありません。

80年代以降のスタインウェイ、グロトリアンが男性的だと言われますが、

その限度を超えて太いのが、ヤマハ、カワイなどの国産のピアノです。


何を言っているのか?

誰でも中学生の頃、歌の練習を学校でさせられたと思います。

姿勢を正し、お腹を引き締め、声が上に上がるように、横に広がらないように。

エーではなくオーと声を出す練習をしませんでしたか?

しかし、力強いフォルテの声は、

上に抜けすぎては肝の座った強い音にはなりません。

その時声は少しだけ横に広がります。


あれです、国産のピアノはエーなんです。

グロトリアンなどは、ウイーン合唱団でなく、

テノール歌手みたいに男性的だということです。

指のエネルギーをしっかり弦に伝えた上で、

意味は、肺からの息をしっかり声に変換させて、そんな感じです。

調律師の先生が、音色の理想は薄い陶磁器のような繊細な形

と言われていましたが、まさにその通りです。

この考え方でピアノの構造を見れば、

僕が分からなかったこと、不思議に思ったことは、

少しつながってきました。

その3に続きます。








最新記事
月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
facebook
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
10.10.2011~
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。