スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけまして おめでとうございます

昨年はお客様、お世話になっているお取引先、先生、

皆様のおかげで無事に終えることができました、

心より感謝申し上げます、今年もよろしくお願いいたします。



昨年を振り返り、目標は一点でした。

いかに短時間で演奏時に苦痛を感じないようにするか。

不可能と思えた、短時間での針刺しを克服してきていると思います。

商売として考えると、クレームなくお客様に不安を与えず、

お金をもらってくることが理想ですが、

より良い演奏の環境、心地よい響きに変えることが、

合理的でない挑戦でした。


お客様は音を分かっています、

少なくともピアノを弾く人ならば、小さい子も分かります。


ただ、リスクを伴います。

私は何台もピアノを触っていますから、どう変化するのか、

短時間で、できることはここまで、次回はこの作業と段取りしています。

お客様は初めての体験です。

金切声のようなピアノでは、良いも悪いも分からなかったことが、

タッチとのバランス、雑音、音色のバラつき、音の止まり方などが気になってきます。

それはピアノへの要求ということで新しい世界の始まりなんですが、


今までの欠点が見えてくることで、

不安が芽生え、僕の責任ということになってっしまう場合もあります。


一般的に音色(調律でなく)を依頼したらどれだけ費用が掛かるのか、

それができる人がどれだけいるのか?

高い壁に低価格と短時間で挑戦していることをご理解いただき、

仕事はこれで終わりでなく、次回も続くことをご承知ください。

一度のやればいいのですが、調律2、3回分の費用となります。

その時点でお客様の負担が大きくなります。

それは私の本来の目標と違ってきます。



来年の目標

タッチも音色も短時間でまとめることに努力して参りましたが、

本体の音の発声から手を入れること、

木の音、鉄の音の発声の時間をずらすことができれば、

音はよりまろやかに、弾き心地も良くなると思います。

それにはピアノがどのように振動が音に変換されて、

ピアノ本体を振動が流れる順番、障害などを理解しないといけません。

これは分解しようが、考えなければ分からないことです。

調律師なのに分かっていないのか?と思われるかもしれませんが、

あまりに近代化、細分化されて私たちは考えることをやめてしまいました。

多分、非常に単純でしょうがないことです。


鉄と木の音の出る時間をずらす、

その意味さえ何年も考えて、人の意見も聞きながら到達した考えです。


まだまだ結論は程遠いですが、

鉄骨は鳴ってはいけない、そう言われてきました。

それは弦の振動を拾ってはいけないという意味で、

一度木に流れた振動を鉄骨が吸って、

もう一度木に還元しているのではないか、まるでバッテリーのように。

だから遠くで鳴って近くでうるさくないピアノは、

鉄の音が後から聞こえるのではないかと考えています。

何百回も何千回も考えるのにお金はかかりません。

今年それが分かるのか、10年後なのか、分からないのか?

何とも申し上げれません。


そして、その音色でさえ通過点で、

本来はもっとシンプルで素直でなければならなく、

次の段階も、もちろんあります。

できることから、始めて行きます。






スポンサーサイト

あけまして、おめでとうございます


あけまして、おめでとうございます。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

皆様のご健康と、お幸せをお祈りいたします。


僕は今年から、本来の姿に戻ろうと思います。

この2年間はいわば休息でした。

趣味に明け暮れ、辛い心をごまかしていました。

僕本来は怠け者で、それを無理して不可能に突っ込んでいくようなところがあります。

失敗をして、損をしてみっともなく。

またそのバカらしさをしたくなってきました。

王道でなく、名誉も尊敬も関係ないところで、

一人で暴走するんです。


知りたいのは、自分が追いかけたいものです。

疲れも知らず、眠くもなく、テンションは高く、見栄えなど関係ない。

その充実感をもう一度味わいたい。


その行為は僕にとっては貴重で、その後10年は僕をつないでくれる。

走っている限り老いはなく、走った分だけ進化する。

それを僕は忘れていました。

誰の余計な言葉も聞こえてきません。

そのかわり誰のせいでもありません、すべて自分のせいです。

自分の小さな器の中で立ち上がるんです。

去年は失敗でした、今年はやってみようと思います。




今年もお世話になりました、心より感謝申し上げます。


今年もお世話になりました、心より感謝申し上げます。

今年もあと数時間です、何とか今年も生きてこられて感慨深いです。


年末になり、やっと耳の心配から解放されたと実感しています。

耳は治ったのですが、精神的に引きずっていたのかもしれません。

お客様が、クレニオという不思議な施術を行う方で、

そこで、精神面、体とも治していただきました。

これも御縁でした。


今年は、あまり技術面では躍進はなかったと思います。

時計を楽しんでいましたが、収集も今年で終わりです。

仕事は、安定と地盤固めに尽きたと1年でした。

しかし、探究心が芽生え、来年からは進化していこうと思います。

激しい1年になる予感がします。


心境の変化は、

いうことの言える人間から、言わないことの大切さに気付いたことでしょうか?

実際は言うことは言えなく、余計なことを話してしまうのですが、

気付いた程度です。

苦労している人ほど主張が激しいんです。

うまくいってる人は、多くを語りません。

不思議なことです。

皆様が、来年は素晴らしい1年でありますように、

これからもよろしくお願いいたします。

去年はお世話になりました。そして、あけましておめでとうございます。


去年はお世話になりました



皆様のおかげで何とか去年は過ごすことができたのです。


去年は苦しい1年でした。

耳の治療は今は完治した状態と言えますが、

闘病生活と言える苦しいものになりました。

精神的なバランスを保つために時計を買い漁りました。

これは親父の形見からくる由来のものです。


もう、大きな野望などというものは無くなりました。

肩書が大きくなると、

それだけお客様の期待も大きくなるので、

これで良かったのかもしれません。


大きな肩書きを持った方は、プレッシャーも大きいでしょう。

理屈は通じなく、良いものはいい、悪いものは悪い。

そういうことなんだと学びました。



あけましておめでとうございます


今、海外にいます。

困ったことが2つあり、

去年、年賀状をいただいた方々に、年賀状を書いたのですが、

郵便ポストに入れ忘れて、海外に年賀状を持ってきてしまったこと、

もう一つは、ロストバッケージは滅多にないといわれますが、

荷物がフランクフルトで一泊して、明日現地に届くので、不自由しています。


年賀状を海外から送ってしまおうかと思っていますが。

誤解を招くから止めたほうがいいかもわかりません。


調律を数件イタリアで行います。

これが年初めの仕事となります。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。




テーマ:今年一年を振り返る - ジャンル:日記

ラジオ出演させていただきました。

先日ラジオ出演させていただきました。


番組を持っているLala Lunaさんのピアノを調律させていただいているのがきっかけでした。

40分間話すのは大変かと思いましたが、

何とかルーナさん、ミシェルさんに助けられてスムースに流れました。

みなさん声が通って美声でやっぱり違うなと思いました。


お話した内容は、

ピアノに興味を持っていただけることと、

面白い雑学などをお伝えしたつもりです。


個人のアピールよりピアノの啓蒙を意識させていただきました。



fmlala.jpg

FMらら good life

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

最新記事
月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
facebook
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
10.10.2011~
調律師のブログです
ご訪問ありがとうございます。お時間のある方お付き合いください。

ノブ

Author:ノブ
こんにちは、ピアノの調律師の谷口です。ピアノの関する情報と、イタリア音楽など関するホームページを作っています。ぜひ立ち寄ってください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。